ネックレスのかぶれ、痒み、金属アレルギーの解消法

ネックレスで金属アレルギーにならないために

ネックレスを付けていて、金属アレルギーをはじめとしたかぶれを経験したことがある方は、多いのではないでしょうか?特に夏場など汗をよく掻く季節は、トラブルになりがちです。

かゆみや湿疹だけでなく、ミミズ腫れになってしまったり、首の周りは皮膚が薄いのでトラブルが多くなりがちです。

金属アレルギーは一度発症すると、その後も同じ金属に反応するようになってしまいますので、ネックレス選びの際の注意点について、書かせていただきたいと思います。

ネックレスのチェーンに用いられる素材で、もっとも金属アレルギーを引き起こす可能性が低いのはチタンです。

色味については、少し黒っぽいイメージがあるかと思いますが、細いチェーンを選ぶとそういった色も目立たなくなります。

チタンの良さは軽いということ、耐食性に優れていること、ほかの貴金属と比べても硬度(強度)があることなどです。硬度があるため、細いチェーンであってもすぐに切れてしまうといったことはありません。

なお、チタンを使った市販のチェーンには、留め金は別の金属が使われていることもありますので、選ぶ際は注意してください。



アレルギーを起こしやすい金属とは?

ネックレスをしていて「首まわりがかぶれてしまった」という経験をした女性は多いのではないでしょうか。

ここで、金属によるかぶれ、金属アレルギーを起こすプロセスを見ていきましょう。

金属製品を身に着けて汗などをかくと、汗によって金属が少しずつ溶け出し(イオン化し)、体内にあるたんぱく質と結合し、アレルギーの原因になるアレルゲンに変質します。このとき、アレルゲンに対して抗体が体内で作られます。この抗体がアレルゲンに対して過剰に反応することで、金属アレルギーが発症すると説明されます。

ヒトの汗や体液というのは、金属を溶かす力が強く、金やプラチナでさえも少しずつ溶かしてしまうほどです。金やプラチナであれば見た目にはほとんど変化はないほどですが、それでも確実に金属イオンは溶け出しています。例えば金属製品をペロッと舐めると、金属の味や匂いがありますが、これは溶け出した金属イオンです。

皮膚の表面や、粘膜の表面で金属イオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こす原因となっています。

中でも、ニッケル、クロム、コバルト、スズ、水銀、銅、鉄、パラジウム、はイオン化しやすく、金属アレルギーの原因になりやすい金属です。これらが含まれた宝飾品には注意が必要です。特にニッケルとパラジウムは宝飾品によく使われていることが多いです。



金属アレルギーの心配が少ないチェーンの素材

市販されているネックレスチェーンの素材で、金属アレルギーを引き起こす心配の少ないほうから順番に挙げると次のようになります。

おすすめの2つの素材
  • 純チタン
  • 18金イエローゴールド
避けた方がいいチェーンの素材
  • プラチナ900-パラジウム100合金
  • ピンクゴールド18金
  • ピンクゴールド14金
  • シルバー950
  • シルバーや真鍮に金メッキ
  • 真鍮にロジウムメッキ

ほかにも、金属アレルギーを発症する心配がない素材はあります。タンタル、ハフニウムという素材で、弊社ではこれらで制作した指輪をご提案しています。

これらの素材は、チタンよりも更に金属アレルギーを引き起こす可能性が低いのですが、現時点では加工が難しく価格も上がりすぎてしまうためチェーンには採用していません。

また、純金、純銀、純プラチナは金属アレルギーの心配は少ないのですが、柔らかい性質のため、チェーンに使うには強度の面で不安があります。

強度があり、金属アレルギーの原因になりにくい素材として、純チタン、他にはそれほど過敏でない方ならば18金イエローゴールド、の2つをおすすめしています。

ちなみにプラチナ(宝飾品のプラチナはプラチナ900-パラジウム100合金)のチェーンにはパラジウムが含まれており、金属アレルギーの原因になる方が多いです。またピンクゴールドは銅が含まれる割合が多いので、同様に金属アレルギーの方は避けたほうが無難です。

ほか、メッキがされたチェーンは、金属アレルギーの方は避けるべきです。真鍮にクロムメッキがされたものや、真鍮に金メッキがされたもの、銀に金メッキがされたものなどがありますが、メッキの下地にはニッケルメッキがされているのでメッキが剥がれてニッケルが溶け出してきます。

チェーンは、金属部材どうしが擦れ合う形になっているので、表面のメッキは容易に剥がれて、下地の金属がすぐに露出しやすいです。



チェーンは、汚れがたまりやすい構造

チェーンは構造上、入り組んだ形になっていて、隙間などに汚れが溜まりやすいので、清潔にすることも大事です。

汚れが溜まっている状態では、金属アレルギーだけでなく、細菌性のかぶれや発疹、肌荒れなどのトラブルを起こしやすいですし、金属の腐食や錆も発生しやすくなってしまいます。

こまめにクリーニングをすることで清潔に保たれますし、例えばチタンのチェーンや、品位(純度)の高い金のチェーンなどは着けたままお風呂に入っても変色やサビなどが発生しないので、清潔に保つことが容易でメンテナンスの手間も省けます。

また、ペンダントトップの部分は濡らせない素材の場合であっても、チェーンがチタンであれば、チェーンの部分だけを外してお湯で洗えば手軽に清潔に保つことができます。

チタンのチェーンであっても、痒みを感じることはありますので、そんな時は付着した汚れが原因であることが考えられます。洗浄してみるのは非常に有効な方法です。

他、チタンチェーンと言われて販売されているものでも、チェーン自体は純チタンなのですが、留め具の部分には別の金属パーツ(ステンレスのバネなど)が使われていることがあり、留め具付近でかゆくなることもあるようです。

留め具の内部に仕込まれたステンレスのバネ部分に、汗などが染み込み、サビが内部で発生して、染み出してくるのが原因です。購入の際は、オールチタンでできたチタンチェーンであることを確認しましょう。



金属アレルギーを起こしてしまった場合は?

ネックレスをつけている部分にかゆみなどの異常を感じたら、ただちに使用を中止しましょう。金属アレルギーの多くは、赤みから始まり、発疹、肌荒れと進行していきます。身に付けないことで症状が改善すれば、その金属によるアレルギーだと考えられます。

また、冷やすことで、症状が軽くなることが知られています。金属アレルギーをはじめとした接触皮膚炎の症状はヒスタミンの分泌によるものですが、冷やすことでヒスタミンの分泌が抑えられ炎症が和らぎます。

皮膚科の診断を受けると、金属アレルギーによる皮膚トラブルの治療には、ステロイド外用薬を処方されることが多いようです。

これは、体内で作られる副腎皮質ホルモンであるステロイドを化学的に合成した塗り薬です。強力な抗炎症作用や免疫抑制作用があります。免疫を抑制することによって症状を発生させないようにするわけです。

ステロイド外用薬は効果によって
「(1)最強」「(2)非常に強い」「(3)強い」「(4)おだやか」「(5)弱い」の5段階に分けられます。(3)(4)(5)は市販されている薬にもあります。

効果的な使い方をするためには

●症状に合わせた強さのステロイド剤を使う

●改善が見られたら使用をやめスキンケアに切り換える

●必要以上に使い続けない

以上のことが大切です。

ステロイドは高い効果が期待できる反面、副作用も心配されます。副作用の多くは、長く使い続けることによって起こるものです。どちらかというとアトピーの場合にステロイドの慢性使用の問題が起こりがちですが、金属アレルギーであれば、原因となる金属を取り除いていれば症状はおさまってゆくはずですので、ステロイドの慢性使用の問題は起こりづらいかと思います。

ステロイド外用剤は市販のものも手に入りますが、医師の指示に従って使用することをおすすめします。



まとめ:ネックレスは素材選びに気を付けよう

金属アレルギーは一度発症してしまうと、その体質は元に戻らないといわれていますので、金属アレルギーの原因になりやすい素材を避けてネックレスを選んでいただくと、肌トラブルなどを未然に防ぐことができます。

前項でお話ししたように、一般に金属アレルギーになりにくいとされる金やプラチナであっても、18金には銅が、プラチナ900にはパラジウムが含まれていますので過敏な方は、注意してください。

また、ネックレスのチェーンだけでなくトップ部分にも気をつけてください。

ダイヤモンドやルビー、サファイヤなどの宝石やガラス、陶器、プラスティックなどは金属アレルギーの心配はありません。

また、トップの部分が気に入っているネックレスの場合、チェーンの部分だけをチタンに変えて、トップの部分は肌に直接当たらないように気をつければ、トラブルは最小限に抑えられるはずです。

ちなみに、チタンの少し黒めの色が気になる場合は、細いチェーンを選んでいただくとそれほど気にならないかと思います。チタンは硬度があるので、細いものを選んでも切れてしまうといったトラブルもそれほど心配ありません。

自分に合ったもの、長く愛用できる良質のものを選ぶことをおすすめします。

指輪をチェーンに通してネックレスにするときも、純チタンのチェーンが安心です。弊社でもネックレスをオーダーメイドでお作りさせていただく場合は、チェーンの部分は純チタンのものを用いています。


ネックレス用のおすすめのチタンチェーン

チタンのチェーンは最近では、太さや、形状、長さなどバリエーションなども多くなってきています。

例えば、東急ハンズでもチタンのチェーンは売っており、店員さんに留め具の部分もすべてチタンのものを案内してもらえば、望みのものを実際に見て確かめて手に入れることができます。

また、amazonでも手軽に購入できます。

ただ、実際に手に触れられないことや、粗悪品などの心配があるのも確かで、選ぶのが難しいという声も聞きます。

ですので、オールチタンでできていて安心なもので、使いやすい最も細いチタンチェーンを以下にご紹介させていただきます。

チタンチェーンであれば、1.3mmの太さでも実用に十分な強度があり、細ければチタン特有の黒めの色もあまり気になりません。例えばトップがゴールドでも、この太さのチタンチェーンなら色の差の違和感はそれほどなく合わせられます。

純チタン フラット小豆 チェーン ネックレス 幅1.3mm 長さ90cm ¥4,325
https://amzn.to/2U5JAsY

純チタン フラット小豆 チェーン ネックレス 幅1.3mm 長さ70cm ¥3,721
https://amzn.to/2Xte4XL

純チタン フラット小豆 チェーン ネックレス 幅1.3mm 長さ55cm ¥3,268
https://amzn.to/2BxJp39

長さによって価格が異なるので、ヒモなどで欲しい長さを計測して、お選びになるとよろしいかと思います。

いずれにしても、「オールチタン」の純チタンチェーンを選びましょう。



このコラムの執筆者


次の記事: »

前の記事:«


新作情報を見る