質感の違う2つの鎚目(つちめ)仕上げ・タンタルの結婚指輪

希望の素材  タンタル、ハフニウム
デザイン   シンプルで細身が希望


という、お問い合わせをいただきまして、お作りさせていただいたタンタルの結婚指輪です。

お打ち合わせにお越しになり、様々なデザインサンプルをご覧いただく中で、鎚目(つちめ)仕上げの雰囲気を非常に気に入っていただけました。

ただ、女性リングとしては、鎚目の存在感が少し強いかもとのことで、もう一つ気に入っていただいたタンタルの鏡面仕上げと、鎚目仕上げの中間のような質感にも出来ることをお伝えさせていただいて、それにお決めになられました。

鎚目仕上げは、リングの表面を金槌で叩いて、テクスチャーをつけてゆくわけですが、鎚目加工の後にさらに研磨加工を入れると、柔らかいユラユラとしたランダムな輝きをばらまく仕上がりになります。鎚目仕上げほど強くなく、鏡面仕上げよりも柔らかいツヤ感の仕上がりです。

写真画像でも、この2つの鎚目仕上げの違いが、見て取れますね。実物の方が、人間の2つの目の視差によって金属光沢は強く見える傾向があるので、違いを感じ取りやすいかもしれません。

こういう、ニュアンスの違いで様々な表情を見せてくれるタンタル素材。金属アレルギーの心配もなく、お二人でずっと一緒につけられるのがいいですね。

☆お客さまのコメント
「廣瀬様

お世話になっております。
指輪を作成していただいた●●です。

昨日の午前中に無事指輪が届きました。
進捗を写真でいただいておりましたが、やはり実物を直接見ると写真以上に感動しました。
妻共に幸せな気持ちでいっぱいになりました。
とても素敵な指輪にしていただき、ありがとうございます。」

タンタル ペアリングオーダーメイド ともに幅2.5mm
ペアで¥339,900(税・送料込み)


指輪のご注文の方法は、こちらをご覧ください。
https://order.tokyo-diamond.jp/

結婚指輪をオーダーいただいたお客さまの声を、こちらにまとめました。
非常にたくさんの喜びのお声をいただいておりますので、どうぞ、ご覧ください。
→ https://tokyo-diamond.jp/voice-tantalum/


次の記事: »

前の記事:«


新作情報を見る