絶妙フィッティングのメビウスの輪・タンタルの結婚指輪

絶妙フィッティングのメビウスの輪・タンタルの結婚指輪 Tantalum Rings

3月21日にお互い二度目の結婚をします。
バタバタしてて指輪を後回しにしていて、洗剤に強くアレルギーの起きない指輪をずっと所望していました。
一度お時間いただけたらと存じます。
仕事等で忙しく、3月17日、4月7日の午前か午後遅めの時間でお願いできませんでしょうか。


という、お問い合わせをいただきまして、お作りさせていただいたタンタルの結婚指輪です。

お打ち合わせをさせていただいて、気に入っていただけたのはメビウスの輪のデザイン。ロウ付けや溶接ができない高融点のタンタルを、メビウスの輪のかたちに成形するには、削り出して彫刻的に作る以外に方法が無いという制作秘話にも、大変感銘していただきました。

そんなメビウスの輪のデザインを、おふたりの指のかたちに絶妙にフィットするように、微調整してアレンジしています。ねじりの面にだけ鏡面研磨を入れて、それ以外の部分はサンドブラスト仕上げにした雰囲気もとてもいい感じです。

洗剤をはじめとした一切の薬品に反応せず、金属アレルギーの心配も無いタンタルを使って、おふたりのためだけのオーダーメイドリングが完成いたしました。

☆お客さまのコメント
「この度は素敵な指輪をどうもありがとうございます。
黒い結婚指輪は珍しいようで、会社でも人目を惹いております。

アルカリ洗剤に当たっても、変色等ないのは嬉しいですね!
サイズも変更が出来ると主人から聞きましたので、気になることがあったらまたご連絡させていただきたく存じます。
くるみのケースが可愛いので、クォーツ時計でも填めておこうかと思い蒸す。

四ヶ月の心待が形になって手元に来てくてれ夫婦共々幸せが増しました。
本当にありがとうございました」



☆完成から1年5ヶ月後の追加コメント
「廣瀬さま
お世話になっております。

つけ心地は非常によく、アルカリ洗剤や温泉でも痒くならず、快適に過ごしています。

仕事柄傷はつくので、時々ピカールをかけていましたが、タンタル素材もブログに記載されておりました研磨方法で良いのでしょうか?
サンドペーパーはまだ不安でかけていません。

今のところ特にメンテナンスの必要な変形も深い傷もありません。
作って良かったと本当に思います。」


廣瀬コメント
「タンタルもこちらと同じ方法で問題なく研磨していただくことが可能です。
https://ameblo.jp/ringology/entry-12422534435.html

サンドペーパーをかける場合は、いきなり粗い番手を当てると、
大きく研磨されてしまうこともありますので、1000〜1200番あたりから始めて、
それでも取りきれないキズがあるようでしたら800番、400番、240番など
より粗い番手を当てるというような順番が良いかと思います。

最終仕上げにつきましては、タンタルは1200番の後、3000番で繰り返し磨き続けると、
透明感のある鏡面に仕上がります。
(ピカールで研磨するよりもこの方法の方が、なぜかタンタルは鏡面が美しいです)

どうぞ、お役立てください。」

絶妙フィッティングのメビウスの輪・タンタルの結婚指輪 Tantalum Rings

タンタル ペアリングオーダーメイド 幅3.0mm(左)と幅2.5mm(右)
ペアで¥342,360(税・送料込み)



ご注文方法はこちらをご覧ください。
→ https://order.tokyo-diamond.jp/

タンタルの指輪をオーダーいただいたお客さまの声と作品写真を、こちらにまとめました。
どうぞ、ご参考にされてください。
→ https://tokyo-diamond.jp/voice-tantalum/


次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ