ウィトルウィウスの神聖幾何学を元に設計された青い癒しの光のダイヤモンド Diana Sun Diamond

10年前からディアナサンダイヤモンドを知っていて、ずっと気になっていました。
もし可能でしたら、サイズを問わず、アモール、アマテラス、菊、モナリザ、ソフィア、ダビデの星、
その他、在庫のある全てのカットを一通り拝見させて
いただければと思うのですが、可能でしょうか。
という、お問い合わせをいただきまして、
弊社で在庫しているディアナサンダイヤモンドをご覧いただき、
ご購入いただきました、86面カットのジャン・ル・ブルーです。
この石は、ウィトルウィウスの神聖幾何学を
ダイヤモンドのカットの設計に落とし込んで設計され、
開発者でもある数学者・首藤尚丈氏が存命時に作られた
もっとも初期のディアナサンダイヤモンドでもあります。
通常の58面ブリリアントカットの理想のパビリオン角40.75° に対して、
この86面ジャン・ル・ブルーは、パビリオン角44°で作られています。
これによって、長い波長の赤色は背面に抜けてゆき、
「ヨハネの青」の名前の通り正面からは青色が強く放射されるように設計されています。
開発当時の実験結果からは、このジャン・ル・ブルーの青色の光によって
免疫賦活作用があることが確認されています。
今回、このダイヤモンドは、指輪などに加工せず
裸石のまま、お持ちいただきました。
ディアナサンダイヤモンドのショールームが銀座にあった当時、
ディアナサンダイヤモンドは、裸石のまま購入することは叶いませんでしたが、
代官山工房では、裸石のまま愛でたいという方のために、お分けいたしております。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます)

お入れする木箱を制作

銘木カリンの削り出し木箱

背面側

☆お客さまのコメント
「早々にご発送いただきましてありがとうございました。
素敵な木箱に入ったジャン・ル・ブルーが届きました。
さっそく室内光や太陽光などの色々な光源で眺めて
独特の神秘的な輝きを楽しんでいます。
ブラックライトを照射してみたら比較的強いブルーの蛍光性を
持つピースだとわかりました。
ジャン・ル・ブルーの特性と相性が良いのか、特に太陽光に
当てると抜群に美しくて、とても気に入っています。
カリン材の手作り木箱も、指輪をオーダーされた方が羨ましいと
思って見ていたので、ルース用に作っていただけるなんて感激です。
ごまかしがきかないシンプルなデザインなのに、この正確さ。
相当な削り出しの技術が無いとできない、職人芸を感じます。
ダイヤと共に末永く大事にします。
これだけ確かな腕とセンスを持った職人である廣瀬さんに
選ばれたディアナサンダイヤモンドは、
本当に素晴らしい物なのだと再確認しました。
今回は本当にありがとうございました。
またの機会がありましたら、ぜひよろしくお願い致します。」

ディアナサンダイヤモンド 86面カット・ジャン・ル・ブルー
0.260ct、Fカラー、VVS1        ¥545,000(税込)
ディアナサンダイヤモンドのご注文・ご相談の詳細はこちら。→ http://ringology.org/muscat1b/categories/43397/
ディアナサンダイヤモンドにつきましては、こちらのブログでも詳しく話しています。→ http://ameblo.jp/ringology/theme-10062188156.html

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ