1000年後も力強く深い黒色の輝きを残すタンタルの指輪 Tantalum Rings

結婚指輪の相談をしたいと思い連絡差し上げます。
妻になる人には遂に希少金属の魅力を伝えきれませんでしたが、私の指輪はタンタルかハフニウム、またはその他希少素材で、と考えています。タンタルを気に入りそうな予感はします。
という、お問い合わせをいただきまして
お作りさせていただいたタンタルの結婚指輪です。
代官山にお越しいただいて、いろいろな素材をご覧いただき、
男性リングとしてお選びいただいたのが、全ての金属元素のなかで最も黒い金属、タンタル。
そのタンタルを、重厚な印象を残すように、充分な厚み、幅で切り出し、
素材感がしっかり出るような、綾目ヘアライン仕上げで、かっこよく仕上げています。
耐食性が非常に高く、硬さ・粘り強さがあるタンタルは、
たとえ1000年後であろうとも、その姿のままで、
力強く深い黒色の輝きを残しているでしょう。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます)

純タンタル材を切り出し

指なじみの良いように削り出してゆく

丁寧に手作業で磨き上げてゆく

☆お客さまのコメント
「改めて、ありがとうございました。
この上なく美しい金属ですね。
ハフニウムやイリジウムにも心引かれましたが、
金色銀色とは違う魅力を選んで良かったと思えます。
あちこちで自慢しちゃいそうなのでw、
岡山あたりから製作依頼があったらその時はよろしくお願いいたします。」

タンタルの指輪 オーダーメイド 幅4.0mm
¥171,720(税・送料込み)
指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→ http://ringology.org/grape2/
タンタルやその他稀少金属の指輪は他にもこちらに。→ http://ringology.org/muscat1b/

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ