金の三日月の象嵌が美しいタンタルの結婚指輪 Tantalum Rings

私が金属アレルギーのため、アレルギーの出ない素材の指輪を探していたところ、
このサイトにたどり着きました。
出来れば近々お伺いして直接お話しさせていただきたいと思っております。
という、お問い合わせをいただき、
ポイントで色を入れたいという、
ご希望をいただきましたので、
打ち合わせの中で、
22金イエローゴールドで三日月の象嵌をお入れする事に
決まりました。
タンタルはロウ付けが出来ない素材ですから、
金ロウ流しなどの冶金的な方法で象嵌する事が出来ません。
そこで、
22金イエローゴールドの丸棒とタンタルの丸棒をそれぞれ用意し、
まずリングに穴をあけて22金イエローゴールドの丸棒を差し込んで
カシメて月の部分を作り、
次に再度月の部分に穴をあけてタンタルの丸棒を差し込んでカシメて、
三日月の形を作りました。
リングを外側から見ても、内側から見ても
美しい金色の三日月が黒いタンタルに映えています。
シンプルで機能的だけれど、
高度な意匠が施された、世界でたった1組の
結婚指輪が出来上がりました。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます)

材料

象嵌を行なう穴を空ける

叩いてカシメを行なう

象嵌をしたところ

粗削りの状態

裏側からも三日月の象嵌が見える

☆お客さまのコメント
「廣瀬さま
この度は、素敵な指輪を作っていただきありがとうございます。
この二日間つけていますが、アレルギーもなく、サイズもちょうど良いようです。
仕事中にふと指輪を見ると、角度によって月の見え方がちがってとても面白いです。
世界にひとつしかない、とってもお気に入りの指輪になりました。
また、アクセサリーが作りたくなったらご相談しようと思います。
本当にありがとうありがとうございました。」

タンタルの指輪 三日月の象嵌 幅4mm(左)と3.5mm(右)
オーダーメイド(ペアで)   ¥369,600(税・送料込み)
指輪のご注文の方法はこちらをご覧ください。→ http://ringology.org/grape2/
他にも金属アレルギーにならないタンタルの指輪はこちらをご覧下さい。→ http://ringology.org/muscat1b/

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ