木目金(もくめがね)×ジルコニウムのペアリング Mokumegane Rings

ジルコニウムの美しい発色のリングを作って欲しい。
というご希望をいただいて、お作りしたペアリングです。
リング外周には、
ホワイトゴールドとイエローゴールドの木目金(もくめがね)を、
リング内周にはジルコニウムを用いて、青色の発色を施しました。
木目金(もくめがね)は、
江戸時代の刀匠が、刀の鍔などの装飾に用いていた伝統技法。
ひとつひとつ、手間をかけて模様を削り出すので、
二度と同じ模様になることはありません。
江戸時代当時は、
銀と銅(あるいは赤銅)の組み合わせで使られていましたが、
現代の技術を使って、高級素材である
14Kホワイトゴールドと22Kイエローゴールドを用い、
拡散接合で積層し、削り出して、
贅沢なペアリングに仕上げました。
ほかのどこにもない、たったひとつのストーリーが込められたリングです。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)

リングの組立て

ヤスリで模様を削り出す

参考作品Ti×Ag木目金

✩お客さまのコメント
「夜遅くて本日受け取りましたので。(^O^)大切にしますね。」

外:WG×YG木目金・内:ジルコニウムリング  ペアで335,000円(税・送料込)
オーダーメイドのお問い合せはこちらから→http://ringology.org/grape2/
木目金(もくめがね)の作り方はブログのほうで詳しく話しています。→http://ameblo.jp/ringology/theme-10063465378.html

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ