金をリメイク!ピンクトルマリンのリング Pink Tourmaline 22KYG Ring

祖父母や叔父叔母が残していった指輪をリフォームして指輪を作りたいと思っています。
「金純」と刻印された指輪があるのですがおそらくK24ではないかと思います。
あとK18の指輪があります。
ピンクトルマリン2.72ct(ルース手持ちです)をフクリン留めにしてほしいです。
どこのジュエリーリフォームに相談しても、自分の希望する指輪はつくることはできないので、
相談いたしました。
という、ご相談をいただきまして、
ご希望を叶えさせていただきました。
お話を伺うと、どうしても22Kのイエローゴールドがいい、
という事だったので、24Kと18Kの地金を2:1の割合で割って
ちょうど22Kになるように混ぜて熔解して地金を作成しました。
デザインは、お持ち込みいただいたピンクトルマリンのキュレット部分が、
直接、指の上にそっと当たるかたち。
22Kイエローゴールドの深い金色と、
ピンクトルマリンの色合わせがとても美しい指輪が出来上がりました。
世の中の宝飾品屋さんは、このような
貴金属を熔解して再生するリメイクを誰もやりたがりません。
仕事を受けるメリットよりも、徒労に終わってしまうデメリットのほうが大きいからです。
古い地金には何が含まれているか分からないので、
少しでも、不純物が混入したりすると、地金が全てダメになってしまい、
ただのスクラップを生み出してしまうことになります。
ですから、地金を選別し、金の再生リメイクを行なうことは
鑑識眼と冶金の知識を持っていないと出来ることではありません。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます)

アルミとキュービックジルコニアで作った試作

金を熔かして再生

石のキュレットが直接触れるデザイン

金のリメイク ピンクトルマリンと22Kイエローゴールドの指輪   ¥160,000(税・送料込み)
指輪のご注文はこちらから。→ http://ringology.org/grape2/
これまでにお作りした指輪の数々はこちらをご覧下さい。→ http://ringology.org/muscat1b/

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ