新作!イリジウムのリング Iridium Rings

Iridium rings

イリジウムリングで
フルオーダーメイドのマリッジリングが作れるのは
RINGOLOGYだけ!
ということで
ご注文をいただきました。
イリジウムは、
恐竜の時代(白亜紀)と哺乳類の時代(新生代)の間の地層にだけ
高濃度で存在します。
その理由は、恐竜を絶命させた巨大隕石に大量に含まれていたからだと
考えられています。
イリジウムは、
弱肉強食の時代(恐竜時代)から
相互共栄の時代(哺乳類の時代)へのシフトの象徴のような
希少金属です。
熔解から鍛造圧延、
レーザーカットを経て、
リング形状のイリジウム塊ができ、
そしてさらにレーザーカットで二つのリングに切り分け
かたちを削り出して、
ペアリングに仕上がりました。
今回は
レーザーでリング内側に文字を刻印したり
イリジウムで作れるかたちとバランスを吟味したり、
鏡面と綾目模様の境目を丁寧に磨き上げたり、
と、
新しい挑戦も多く、
相当な時間をつぎ込みました。
骨の折れる仕事ではありましたが、
何度見ても、やはりイリジウムは美しいですね。
イリジウムは希少なだけでなく
プラチナよりも化学的に安定な素材なので
アレルギーフリーです。
イリジウム ペアリング    ¥507,500 (税・送料込)
*上記価格は、2010年12月のものです。

イリジウムの塊

幅は4mm

レザーカット

レーザーカット断面

真鍮で試作

手作り木箱に入れてお届け

☆ お客様のコメント
梱包されている袋を持ったときから、かなりの重量を感じました。
ずっしりとしていて、中の木箱を取り出したときも、その重量感に
感動しました。
嵌め心地も良いです。そして何より重い!!
今まで嵌めた指輪の中で一番重い感じがしました。
タングステンのリングのほうが体積は大きいし、密度も大きくは
変わらないのに、イリジウムのほうが重く感じました。
家宝にしたいくらいです。

地球上で最も稀少かつ加工が困難なイリジウムリングは、
2ヶ月に1つの制作が限界です。
お問い合わせは、こちらから→http://ringology.org/grape2/
レアメタル(稀少金属)のリングは他にもこちらに→http://ringology.org/muscat1b/

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ