イリジウム×チタン マリッジリング Iridium×Titanium Rings

Iridium×Titanium Rings

「イリジウムに強い憧れがあり、チタンの土台に嵌めこんで作れませんか?」
というお問い合わせをいただき、お作りしました。
イリジウムのいいところ=
地球上で最も希少で、白く輝き、最も重く、鋼のように硬い

チタンのいいところ=
加工がしやすく、文字を刻印でき、アレルギーフリーで、コストパフォーマンスが高い。
お互いの素材のいいところを組み合わせたリングです。
ひとつのイリジウムの塊をレーザーでふたつに切り分けて
それぞれチタンの土台に嵌めこんで、
ペアリングに仕上げました。
チタンの落ち着いた雰囲気の上に、
イリジウムの美しい純白のラインが輝いているのが
特徴です。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)

ふたつに切り分けたイリジウムのリング

カリンの木箱に入れてお届け

イリジウム材料

☆お客様のコメント
「この度は初めの問い合わせから納期まで
多数の困難な要望を聞いていただき大変有難うございます。
結納の日に無事指輪を拝見させていただきました。
試作品を見て想像していた以上に素晴らしい指輪で感動しました。
聞いた以上に非常に手のかかった凄い指輪だと改めて思います。
後付けですが、イリジウムの名前の由来になっているギリシャ神話の虹の女神イリスは、
結婚の女神ヘラ(ローマ神話ではユノ:June Brideの語源)に仕えていることから、
結婚指輪にうってつけの素材だと思っています。

イリジウム×チタン ペアリング    ¥530,000 (税・送料・試作代込)
*上記価格は、2011年8月のものです。
地球上で最も稀少で、加工が困難なイリジウムの指輪は、
2ヶ月に1組だけ、限定で制作しています。
ご希望の方はこちらからお申込みください。→http://ringology.org/grape2/
イリジウムのリングの制作秘話はこちらのブログで話しています→http://ameblo.jp/ringology/theme-10021563446.html
レアメタルを使った指輪は他にもこちらに→http://ringology.org/muscat1b/

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ