イリジウムとハフニウムを組み合わせた結婚指輪 Iridium & Hafnium Rings

結婚指輪の相談に伺いたいのですが
というお電話でのお問い合わせをいただきまして
お作りさせていただいた結婚指輪です。
おふたりのリングサイズの差が6.5号分ということで、
イリジウム材料を内外に切り分けて、
切り分けた外側を男性リング、内側を女性リングの部材とし
それぞれ内側にハフニウムを履かせて、サイズを調整して制作しています。
こうすることによって、稀少で高価なイリジウムを
歩留まりよく使い、価格をなるべく手頃に抑えているのですが、
一方で、非常に困難な加工技術を必要とする方法でもあります。
シンプルなデザインだから、ごまかしも利きません。
組み立ての際には、書ききれないほどの細部の工夫と段取り、
そのための専用の治具・工具・刃物の数々を使い分けて
繊細に、かつ充分な強度が出るように制作しています。
イリジウムを指輪に加工できる会社は、当代官山工房とアメリカにあるもう1社、
世界に併せて2社のみですが、イリジウムを切り分け、しかも異素材と組み合わせて
指輪として制作できるのは、代官山工房だけでしょう。
イリジウム表面とハフニウム表面とでは水滴の形状が違うことからも
それぞれの接触角(濡れ性)の違いが見て取れますね。
世界でたった一組の特別な結婚指輪が出来上がりました。
(写真画像をクリックすると拡大表示されます)

試作Ver.1(奥)と試作Ver.2(手前)

ハフニウム材料(左)とイリジウム材料

精密切削で組み立てる

ハフニウムとイリジウムをカシメ

組み立てが出来たところ

あと少しで完成(粗仕上げの状態)

☆お客さまのコメント
「このたびは私共の指輪を製作していただきありがとうございました。
結婚指輪に使う金属は「不変である」という意味から、安定なものを使うのが通例ですが
それならばイリジウムで作った指輪が最も素晴らしいのではないか、と以前より考えていました。
しかしながら入手も加工も困難な金属ですから、こうして本当に手にすることができるとは思いませんでした。
イリジウムとハフニウムの組み合わせにしたいという我儘にもご対応頂き、
想像以上の美しい作品に仕上げて下さいましたことに、心より感謝申し上げます。
これからもこの指輪とともに末永くお付き合いさせて頂けましたら幸甚に存じます。」

ペアリングオーダーメイド 
外側:純イリジウム、内側:純ハフニウム、幅3.0mm
ペアで¥714,960(税・送料込み)
指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→ http://ringology.org/grape2/
イリジウムの指輪は他にもこちらに。→ http://ringology.org/muscat1b/

次の記事: »

前の記事:«


このページの先頭へ